ひだまりの猫

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

フレッシュ名曲コンサート

本当に久しぶりに、コンサートに行ってきました。
たぶん6月以来なので、半年ぶりです。

フレッシュ名曲コンサート 渾身のチャイコフスキー

指揮 マルク・ゴレンシュテイン
独奏 武田 章寛
管弦楽 東京フィルハーモニー交響楽団

東大和市市民会館ハミングホール

プログラム
グリンカ 歌劇「ルスランとリュドミラ」序曲
チャイコフスキー ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品35
チャイコフスキー 交響曲第5番 ホ短調 作品64


交通の便が悪いところに引っ越したので、都心のコンサートホールにはなかなか行けなくなってしまいました。
ちっちゃいホールだけれど、身近でこういったコンサートが開催されるのは嬉しいことです。

会場が狭いだけに、オーケストラの息づかいを近く感じることができて、これはこれでいい感じです。
名曲コンサート、ですから何度も聴いた曲ばかりですが、飽きることなく楽しむことができました。
こんなところまで来てくれて、熱演してくれた演奏者の方々に感謝です。
スポンサーサイト

| 未分類 | 21:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「阪急電車」有川 浩

amazonのおすすめに上がってたので、読んでみました。
有川さんは初めて読みました。
長編はあまり食指が動かなくて、食わず嫌いでした。

「阪急電車」は短編の積み重ねでストーリーができています。
何気ない日常を切り取った感じで進行していきます。

しかし、東京に出てきた今でこそ、これが「何気ない日常」と言えるけど、地方では想像することの難しい都会の情景です。
10分おきに電車がやってきて、どの電車にもたくさん人が乗っているなんて、田舎ではないことだもの。
この小説も、それほど都会でもない、ちょっとローカルなところでの話として描かれているけれど、そしてまあ大部分の読者にとってはそれでいいんだろうけど・・・


阪急電車 (幻冬舎文庫)阪急電車 (幻冬舎文庫)
有川 浩

クジラの彼 (角川文庫) ラブコメ今昔 レインツリーの国 (新潮文庫 あ 62-1) 塩の街 (角川文庫) ストーリー・セラー

by G-Tools


大学生の恋のはじまりとか、なんだかくすぐったい感じ。
もうこんな経験をすることもないだろうなあ。
なんだか涙が出てしまいます。

| 未分類 | 22:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

上野公園 桜、そして・・・

4月になりました。
職場にも、新しい人たちが増えて、なんとなくざわざわしています。
「女性の働きやすい職場」を目指しているらしく、女性が増えました。
先月までとかなり雰囲気が違います・・・

開花宣言が出されてから寒い日が続いていましたが、ようやく満開になりました。

校庭の桜

近所の校庭にある桜です。
きれいに咲いていたので、通りがかりに写真をとりました。

今日は、上野に行く用事があったので、ちょっと早めに出て上野公園の桜を見に行きました。

上野公園の桜

ちょうど週末に満開となったため、すごい人出でした。
そして、人波にも関わらず花見をする人々・・・あんなに囲まれて楽しめるんでしょうか?


そして、今日、上野に行った目的はこちらです。

東京文化会館にて 東京・春・音楽祭
ワーグナー≪パルジファル≫

ウルフ・シルマー指揮NHK交響楽団
ブルクハルト・フリッツ、ミヒャエラ・シュスター、フランツ・グルントヘーバー、ペーター・ローズほか

演奏会形式のオペラです。
30分の休憩を2回いれて、5時間もかかる演奏会。
演奏する方も大変そうですが、聴くほうも座り続けで疲れます。

今日のN響は、コンサートマスターが客演。
トロンボーン・チューバを除く管楽器も半分くらいが客演だったようです。
フルート・オーボエあたりが時々頼りなく聞こえてしまいますが、ホルンをはじめとして金管楽器は安心して聴いていることができました。
ソリストの方々は素晴らしく、字幕にも助けられてオペラの世界に浸ることができました。
合唱も良かったですね。
客席との一体感もあって、なかなか良い演奏会でした。

しかし、やっぱりオペラは疲れます・・・
一回行ったら、しばらくいいかもって感じです。

| 未分類 | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

もう少しで今年も終わりです

机の上に、週めくりの卓上カレンダーが置いてあります。
猫の写真のもので、週ごとに1行の言葉がそえられたもの。
毎年、決まったものを買って使っています。

今年のカレンダーも、あと1枚になりました。
来年のカレンダーも今週から始まっているので、今はカレンダーが2つ並んでいます。

最後の1枚にそえられた言葉は「今年もよくがんばったね」

どうだろう、頑張ったかなー、なんて思いながら眺めています。

世間には9連休という人もいるようですが、私は明日まで仕事です。
31日にも休日出勤が入っているのですが、一応明日が仕事納めのつもり。
そのあと大掃除と年越しの準備をします。
今年もひとりでなんちゃってお節・・・かな。
北海道では大みそかの夜からお節料理を食べるんですよね。

いろいろなことがあった1年でしたが、とりあえずは無事に年を越すことができそうです。
日々の生活や仕事にはストレスも、つらいこともありますが、自分なりになんとかやってこれたかなと思います。
悩んでも大きく崩れることがなくなってきたのは、成長というべきでしょうか。
それとも年をとったってことかな?

なにはともあれ、今年も1年お疲れさまでした。
皆様良い年をお迎えください。

出窓の茶々

1月には、茶々に会いに行くよ~

| 未分類 | 19:29 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

秋の味覚

20091013200202
柿でございます。
この間からスーパーに並んでいたのは知っていたのですが、まだ少し青かったので様子を見ていました。
やっと柿らしく色づいてきたので購入。
待った甲斐があっておいしいです。

柿や梨、りんごが好きな私には嬉しい季節です。

こっちに来て気付いたのは、意外と野菜や果物が安いこと。
季節によるのかもしれませんが…
一個から買えるものが多いのも、便利。
夜遅くまでスーパーが開いているので休日にまとめ買いする習慣もなくなりそうです。

| 未分類 | 20:02 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。