ひだまりの猫

2009年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

秋の風

8月もあと1日で終わり。
今日はまあまあいい天気でしたが、もう涼しくてすっかり秋の雰囲気です。

めずらしく忙しい休暇を過ごしておりましたが、今日は休養。
投票に行った以外はほとんど活動しませんでした。

明日からの1カ月は諸般の事情により超多忙になる予定です。
しばらくは余裕のない日々になると思われます。

今日のところはゆっくり料理して食事をすることにして、野菜スープを作りました。
野菜スープ

ベーコン、玉葱、トマト、豆が入っています。
じっくり煮込んだ玉葱の甘味とトマトの酸味、豆の食感がいい感じです。
いつの間にか温かいスープがうれしい気候になってしまいました。

ブーケバラなし

気がつくと先日いただいた花束のバラがしおれてきていたので、ちょっとアレンジしなおしてみました。
なーんかバランスが微妙で、センスがないです。

今、テレビで京都交響楽団の「スラブ行進曲」をやっています。
これは先日のシエナの定期演奏会でも演奏された曲ですね。
シエナの演奏は華やかで迫力がありましたが、弦楽器の奏でるメロディーもやっぱりいいですね。

次にコンサートに行けるのはいつになるでしょう。
スポンサーサイト

| 日記 | 21:22 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

野菜畑視察報告

畑を眺める茶々
夏休みも終わりですが、ちょっとさかのぼって畑の話です。
窓から裏庭の畑を見つめる茶々。

庭ではきゅうりや人参が育っています。
きゅうり
大きくて立派なきゅうり。
今年は雨が多くて、なかなか思うように野菜が育たないと嘆いておりました。

庭でも結構な収穫があるのですが、今年から旭山の麓で菜園をやっているのです。
収穫風景
奥に見える山のむこうに旭山動物園があります。
動物園から車で数分ですが、もう全然人のこない田舎です。
雨続きで土壌がぐちゃぐちゃ。
手前は南瓜なのですが、葉っぱも貧弱でもう枯れかけています。

南瓜のつるに蛙
南瓜に近づいてみましたら、つるの上に蛙がいました。
けど、畑にこの水はいただけませんね。
無農薬のため、蛙のほかにも蜘蛛やミミズなど、たくさんの虫や小動物がいます。

牛さんこんにちは
ふと視線を感じて振り返ると、お隣の土手から牛がのぞいていました。
人の気配がすると必ずのぞきにくるそうです。

こんな畑から野菜たちがやってくるのです。

鉢バジル
おまけ。
家の中の鉢で育てられているバジル。
実はこれがいちばん元気かもしれません。

| 日記 | 18:56 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

花束

ブーケたて

ものすごく珍しいことに花束をいただきまして、なんだか嬉しくて写真を撮ってみました。

ブーケ上から

上から見ますとこんな感じです。
ピンクのバラとカーネーションですね。
小さめでかわいい花束です。

花束をもらうのはいつ以来かと申しますと、妹の結婚式でブーケをもらった時以来です。
ちょっと切ない思い出。

| 日記 | 01:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

シエナウインドオーケストラ 定期公演

東京文化会館にて。

さすが東京は客の入りが違います。
上の方は見えなかったけど、一階席はほぼ満席でしたので上階もきっと一杯だったでしょう。

佐渡さんのお話も音楽のおもちゃ箱も楽しいけれど、シエナの演奏を聴くとやはり音楽は楽しいと感じます。

新井さんの音色はやっぱりすばらしかったし、サックスのアンサンブルもよかった。
打楽器の平子さんがかっこいいなーとか、武山さんはなぜあんなに軽々とシンバルをならすようにみえるんだろうとか。
ゲストは池上英樹さんだったけどシエナの団員として出演していた高田亮さんもすごかったとか。
いろいろなことを感じながら聴きました。

ステージを見てすぐに気がつくのは、トランペットのメンバーが数年前と全くかわっていること。
ホームページに名前の出ている団員の方は一人もいませんでした。
世代交代の時期なのですね。
そのせいなのか、バーンスタインプログラムの時のような金管楽器の華やかなサウンドで盛り上げる感じではありませんでした。
逆に、「弦楽のためのセレナーデ」に代表されるように木管楽器のテクニックが目立つプログラムであったと思います。

どちらもすばらしいのですけれど、花形であるトランペット隊は元気であってほしいですね。

なにはともあれ、クラシック系のコンサートでは珍しい拍手喝采でしたし、様々な世代の観客がいるところはいいですよね。
今後もシエナを応援し続けようと思います。

| 演奏会 | 23:25 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

東京にて

ちょっと用がありまして東京に来ています。
明日はフリーなので、美術館めぐりとシエナ定期の予定。

夏休みでもまるで予定のないことが多い私ですが、今年は珍しく毎日約束が入っています。

いつも宿泊する東京のホテルはオフィス街の近くにあり、夕方になるとスーツ姿の会社員がわらわら…
自分の日常とは全く異なる世界で、なんだか圧倒されてしまいます。
この職業を目指さなかったらどんな人生だっただろうとか、しょうもないことを考えたりする瞬間です。

明日も元気で活動できるようにさっさと寝ることにします。

| 未分類 | 20:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ひだまりの猫

出窓の茶々

久しぶりの実家で、猫と再会してきました。
出窓に座ってご満悦です。
さあ。ご挨拶してくださいな。

おすまし茶々_2

茶々、5歳。
保健所の譲渡会で一旦は他の家に決まったのに、飼い主さんがアレルギーになって出戻りになってた子なのです。
うちは抽選に外れていたのですが、後から電話で連絡がきて引き取ることになりました。

路上出身ですが、現在は完全な室内飼いです。
外は怖いらしく、ドアが開いていても出ていくことはありません。
来客にも弱く、とくに男性が来たときにはベッドの下に潜り込んでしばらく姿が見えなくなります。

茶々VSブラシ

とげとげしたもの(ブラシとかほうき)が大嫌いで、見ただけで飛び上がって後ずさりします。
後ろ向きに飛ぶ猫なんてちょっとおかしな光景です。

怖いのに、人がブラシを使っていると近寄ってきて眺めていたりするんですね。
試しに差し出してみたら、へっぴり腰で攻撃してきました。

くつろぐ茶々

あまり人間になつかない気まぐれ猫ですが、可愛がられていることは事実です。
茶々さん、どこでくつろいでいるんですか?

足の上の茶々

昼寝している父の足の上でした。
この日はちょっと肌寒かったので、人の体温が恋しかったのでしょうね。

| 日記 | 23:12 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

実家にて

20090823201814
猫と再会。
5歳の女の子。

人に抱かれるのが嫌いなので、じっとしてくれません。
やっと撮った写真。

この後、あっという間に逃げられました。

| 日記 | 20:15 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

夏休み

ちょっと遅めですが、いつも8月の終わりに休暇を取っています。
自分の誕生日くらい休もう、ということでいつもこの時期にしているんです。

これから旭川に帰ります。
きっと赤飯を用意して待っているに違いない。
もち米と豆が好きなので、私の誕生日は必ず赤飯なのです。
久しぶりに実家の猫に会うのも楽しみ。

けど今日はいい天気だ。日焼けしそう・・・。
きっちりガードして出かけることにします。

| 日記 | 14:35 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ズッキーニちゃん(^^)

お盆を過ぎたら、あっという間に涼しくなりました。
きっと秋が来たんだと思う今日この頃。
短い夏だったなあ。

夏らしいことを何もしないままです。
花火とか、海とか、最後はいつだったっけ??
西瓜も大好きなんですけど、一人では買う気にもならないので何年もまともに食べていません。

夏らしいのは野菜だけ~

ズッキーニは栽培も難しくないらしく、毎回必ず入っています。

ズッキーニ鵡川編
これはまあまあ一般的な形をしていますが、UFOみたいだったり、球形に近かったりと、いろいろな形があるらしいです。

ズッキーニ半月切り
西洋野菜ですが、それにこだわらずいろいろな食べ方ができます。
やわらかくて調理もしやすく、すぐ火が通るので、忙しいときにはうれしい味方。
とりあえず半月に切ってみます。

ベーコン
ベーコンが残っていたので、先に炒めます。
火が通ったら、ちょっと油を足します。オリーブ油がいいけど、サラダ油でも可。

ズッキーニとベーコン
ズッキーニを投入して、さっと炒めます。
やわらかいので、すぐに火が通ります。
塩コショウして完成・・・にしてもいいのですが、最後にとき卵を入れてとじても美味しく食べられます。

デジカメの容量が足りなくて、完成の写真が撮れませんでした・・・

塩コショウのほか、醤油味でもいいし、味噌炒めでもいけます。砂糖or味醂をお忘れなく。
私はごま油が苦手なのでしませんが、中華風の味付けできんぴらにしても美味しいのではないかと思います。

| ごはん | 01:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「ハリー・ポッターと謎のプリンス」

夕方外に出たら、かすかに「北海盆歌」が聞こえてきました。
それでお盆なんだと認識しました。

社会に出てから、お盆に休みをとったことがないのですよね。
学生時代はずっと実家暮らしでしたので、そもそも夏休みに帰省するという習慣がなかったりするのですね。
子供のころは両親の田舎に行ったりしましたが・・・
知人に聞かれて、そういえば墓参りも長いこと行っていないことに気がつきました。
せめて、心の中で、私を世の中に生みだしてくれたご先祖様に手を合わせることにしようと思います。




休暇ではありませんが、久しぶりに時間がとれたので、映画を観に行ってきました。
封切の週に行こうと思っていたのに、急に忙しくなったり体調が悪かったりして行けていなかった「ハリーポッターと半純血のプリンス」
毎回物足りないと思うのに、やっぱり原作を読みなおして観に行ってしまいました。

夏休みということもあって、地元のシネコンもいつもよりはたくさん人が入っていました。
それでも座席は半分も埋まっていませんが・・

シリーズが進むにつれて原作が長大になってしまったせいか、映画では大筋を追うだけで精一杯になってきている気がします。
闇の帝王が復活したことにより社会に流れる不安とか、それによってかえって若者たちの恋に火がついたこととか、原作全体に流れる雰囲気があまり感じられなかったように思います。
原作のファンとしては、脇役でも結構印象の強い人物が全く登場しなかったりすることが物足りなく感じます。
原作を知らない人であれば、説明不足でわかりにくいストーリーになってしまっているのではないかと思います。

次回作は前後に分けて製作されるとのことで、もう少し満足できるものになることを期待したいと思います。

Harry Potter and the Half-Blood Prince (Harry Potter 6) (UK)Harry Potter and the Half-Blood Prince (Harry Potter 6) (UK)
(2005/07/16)
J.K. Rowling

商品詳細を見る


Harry Potter and the Deathly Hallows (Harry Potter 7)(UK)Harry Potter and the Deathly Hallows (Harry Potter 7)(UK)
(2008/07/10)
J.K. Rowling

商品詳細を見る

| 映画 | 00:37 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大変です

今年はなんだか農作物をいただく頻度が多いです。
やっと豆ときゅうりの山を食べきったと思ったら、今度はこんなものが。

莢豆

豆です。
それもとっても立派な豆。
おいてあるだけではわからないかもしれませんが・・・

手のひらの豆

手のひらに乗せるとこんな感じ。
大きいでしょう?

これはいったいなんという豆になるんでしょう。
ササゲにしては大きすぎる気がしますが・・・
まあ、莢を食べる豆には違いありませんね。

豆を美味しく食べるレシピ、どなたかご存じないでしょうか?

| ごはん | 00:05 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

おかかと梅干し

せっかくの夏休みなのに、台風や地震で大変ですね。
災害にあわれた地域の方々に、お見舞いを申し上げます。



さて、北海道にもやっと夏らしい日差しがやってきました。
ここ数日は最高気温が25℃を超える日がつづいており、帰宅すると部屋の中がもわっと暑くて嫌になります。
窓を開けさえすれば涼しいのですが、1階なので開けたまま寝るわけにもいかないのがつらいところ。

こんな日には、火を使う料理はあまりしたくないものです。
さっぱり食べられる野菜のおかず。

「ピーマンのおかか梅和え」です。

ピーマン

クーラーボックスに入ってやってきたピーマンちゃんです。
大きくて立派。

ピーマン千切り

縦に4等分にしてから、千切りにします。
小さめのピーマンだったら2等分でもいいかもしれません。

梅干し

ボウルに梅干しをいれて、箸でほぐします。
この梅干しも母がつけたものです。
自家製の梅干しになれると買ったものは食べられません・・・

梅干しおかか

かつお節をいれます。
私は小分けになったのを使っているので、5gの袋1個分です。
しょうゆを小さじ1杯くらいいれて、ざっと混ぜます。

ピーマンのおかか梅干し和え

千切りにしたピーマンを加えて、全体に混ぜたら出来上がり。

梅干しの酸味が、この季節にはうれしいですね。
梅干しおかかはそのままでもご飯のお伴になりますし、おにぎりの具にもしてもいいのです。
ピーマンの代わりにオクラを使ってもいいし、きゅうりでもあうと思います。

実家の母が良く作っていた献立です。
遠足のおにぎりは、いつも梅干しとおかかが具だったなあ。
思い出しながら、暑い季節には毎年作るメニューです。

| ごはん | 00:20 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「誰か」宮部みゆき

羽田空港の書店で購入。
空港や駅では、品ぞろえが豊富とは言い難いので、暇つぶしように選ぶにもなかなか気に入ったものが見つからなかったりしますね。
ひさびさに宮部みゆきさんの小説を買ってみました。

誰か―Somebody (文春文庫)誰か―Somebody (文春文庫)
(2007/12/06)
宮部 みゆき

商品詳細を見る


何年か前、宮部みゆきにはまって片端から読んでいた時期がありました。
最近では私のあまり得意でないSFっぽいものが増えていたのもあってちょっと遠ざかっていたのです。
が、さすが宮部さんだな、というのが読後の感想です。

読み進めるうち、最初に提示された謎に別の側面があることが明らかにされていきます。
解説を読んでそういえば、と思ったのですが、この引きの強い謎(物語が進行するにつれて謎が深まっていく)というのは、宮部さんの小説のひとつの特徴ですね。
言われてみれば、「火車」なんかもそうだったかもしれません。

自転車の轢き逃げによる死亡事故、が最初に示される事件なのですが、犯人の特定に至るまでに、周囲の人物の様々な人生が描かれていきます。
被害者の娘である二人の女性の関係はこれだけでひとつの小説になりそうな題材ですし、主人公の杉村の人生もなかなか複雑なものがあります。
でも、これらのどれか一つだけに内容をしぼってしまうと、とたんに軽くて読み応えのないものに変ってしまいそうです。
どれも短いエピソードで深く想像させる内容です。
一人ひとりの人生や思いをちりばめながら、ひとつの物語を作り上げているところが、すばらしいのだと思います。

いろいろ考えながら読むので、一気に読むと正直疲れますが、こういう疲れは嫌いじゃないのです。

| 読書 | 22:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

北に戻ってきました

やっぱり涼しい、というか肌寒いです。
夏休みなだけあって、飛行機の中は子供率が高かったです。

私は明日からまた仕事。
家族のいる人たちは、学校の休みにあわせて休暇を取るので、私は毎年出番です。
お休みは8月末。
シエナ東京公演を聴きに行く予定(^^)




車で1時間くらいのところに弟が住んでいまして、そこに先月両親がやってきました。
「野菜もってくからとりに来て~」という連絡が来て、仕事が終わってから車でぴゅーっと行ってきました。
今回の野菜定期便はクーラーボックス入りです。

野菜定期便、鵡川より

いつもより量が多い気がしますね。
あけてみると、こんな感じです。
野菜定期便、鵡川編

後ろに写りこんでいるごちゃごちゃは見なかったことにしてください。
今回は、茄子が元気だったらしく、生の茄子のほかに調理したものも入っていました。

茄子の揚げびたし

茄子の揚げびたしです。
今回は弟に持っていた分のついでに作ったんだろうな。
でも、すぐ食べられるのでこれはこれでうれしい。

こんなにたくさんあるのに、次の日にまた立派なきゅうりをたくさん届けてくれた人がいて大変なことになっています。
きゅうり、好きだからいいんですけど。
キリギリスにでもなった気分です。

| 日記 | 21:59 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

復活

ただ今羽田空港。
またまた日帰りで横浜に行っていました。

世間はお盆休みというものに入ったみたいですが、私のお休みはもうちょっと先なのです。

横浜は思ったほど暑くなかったけど、動くと汗がでます。
というか、汗もかかない今年の北海道は異常かも。

これから、帰省客に混じって涼しい北海道に帰ります。

| 日記 | 17:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。