ひだまりの猫

2011年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第66回 N響オーチャード定期

Bunkamura オーチャードホールにて

指揮:ラドミル・エリシュカ

曲目
スメタナ:歌劇「売られた花嫁」序曲
スーク:「おとぎ話」作品16
ドヴォルザーク:交響曲第9番 ホ短調 作品95「新世界から」

振り返ると、昨年3月以来、まともに演奏会に行くのははじめてです。
チケット購入していたコンサートがいくつも中止になったり
よく行っていたホールがしばらく使用不能になったり
やっと気持ちに余裕ができてきたのですけれど、1人で過ごす週末が殆どなくなってしまったため、なんとなく足が遠のいていました。
久しぶりに時間の会った今日にこの演奏会があってよかった。

エリシュカさんは札幌交響楽団の首席客演指揮者。
KITARAで札響を振ったときに聴きにいったことがあります。
が、ファンになったのはテレビで放送されたN響定期のスメタナ「モルダウ」なんですよね。

今日の音楽はすべてチェコ音楽。
どの曲もマエストロの手の内にある感じで、自由自在という印象です。
「おとぎ話」は初めて聴きましたが、きれいな曲ですね。
弦楽器の流れるような動きは、ちょっとモルダウを連想もします。
トランペット菊本さんは、オーケストラへの溶け込みかたがさすが、という感じ。

さて、ドヴォルザーク9番。
演奏回数も多く、それだけにちょっといただけない演奏にも出会う確率の高い曲ですが・・
テンポのとりかたはややゆっくりめ。
オーケストラにたっぷりと歌わせる感じ。それでいて緩急はついていてまったりとはしない感じです。
2楽章のコーラングレがすばらしく、涙が出ました。
1楽章の勢いのまま2楽章も通り過ぎ、あれあれという間に終わってしまう演奏も多いなか、今日の演奏はなかなか聴けないものだったように思います。

拍手も、聴取の満足を物語っていたようですね。


さて、来月は1回くらい行けるかな・・
スポンサーサイト

| 演奏会 | 20:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。