ひだまりの猫

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「時生」 東野圭吾

時生 (講談社文庫)時生 (講談社文庫)
(2005/08/12)
東野 圭吾

商品詳細を見る


久々に東野圭吾さんの本を読みました。
実は、以前から何度か手にとってはいたのですが、その度に棚に戻していました。

東野さんは、こういう、ちょっと設定がSFっぽいものも書くのですよね。
「パラレルワールド・ラブストーリー」なんかもそうでしょう。
あまりあり得ない設定に偏りすぎると登場人物に感情移入ができませんが、絶妙なところで押さえられている感があります。

冒頭は、難病で死の床にある息子を見守る両親の会話からはじまります。
そして父親の回想という形で物語が進んで行きます。

どうしようもない若者だった父親の前に突然現れた見知らぬ青年が、実はその息子の魂が他人の身体を借りてやってきたものだった・・・というストーリー。
難病の保因者であることを知っていて、長くは生きられないとわかっている子供を生んでしまった両親。
子供を持たないという決心を翻したこと、妊娠した時に生むという選択をしたこと、そして病気であるという事実を本人に話さないまま育てたこと。
20代で生涯を終えようとしている息子を前に、両親は思い悩みます。
「生まれてきてよかった?」という、息子に対する問いかけは、生まれるずっと前、両親がまだ出会う前にすでに答えが告げられていたのですね。


だらしがなくて、お世辞にも尊敬できるとは言い難い父親を一生懸命導こうとするトキオ。
姿を消す前のひと言が、印象的でした。

| 読書 | 23:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://catinthesun.blog39.fc2.com/tb.php/106-2a36707c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。