ひだまりの猫

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「新参者」東野 圭吾

お正月休みの間の読書。
昨年の「このミステリーがすごい」国内編1位になった東野圭吾さんの作品を読みました。
加賀恭一郎シリーズの最新作です。

短編を集めて、最終的にひとつの事件を解決する形になっています。
ちょっと読んだ感じでは、宮部みゆきさんみたいなテイストになっています。
一つ一つの短編は、下町の人情話的な内容。
ミステリーですから、殺人事件があって最終的には解決に至るわけなのですが、遺体がみつかって、証拠が出てきて、みたいな順番で進むのではないのですよ。
事件があったらしい、という噂が流れる周辺の人の話から始まって、徐々に色々な関係が明らかになっていって。
あまり重要ではないと思っていた脇役にだんだんとスポットライトが当たっていきます。

「このミス」1位は納得の内容で、非常に楽しめました。

新参者新参者

講談社 2009-09-18
売り上げランキング : 215

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


| 読書 | 22:08 | comments:2 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

こんばんは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。

| 藍色 | 2010/06/02 19:47 | URL |

>藍色さん

コメント&トラックバックありがとうございます。
たくさん感想書いてらっしゃるんですね。
私の方は雑多な内容になっちゃってますが・・

またお気軽にお立ち寄りくださいv-410

| ako | 2010/06/02 20:08 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://catinthesun.blog39.fc2.com/tb.php/123-49fa591c

TRACKBACK

新参者 東野圭吾

日本橋の片隅で発見された四十代女性の絞殺死体。 「なぜ、あんなにいい人が」と周囲は声を重ねる。 着任したばかりの刑事・加賀恭一郎は、...

| 粋な提案 | 2010/06/02 19:32 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。