ひだまりの猫

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

NTT東日本N響コンサート

オペラシティコンサートホールにて

指揮:現田茂夫
ソプラノ:佐藤しのぶ

ベートーヴェン:歌劇「フィデリオ」序曲
ベートーヴェン:アリア「ああ、裏切り者め」作品65
プッチーニ:交響的奇想曲
プッチーニ:歌劇「蝶々夫人」から ある晴れた日に/かわいい坊や
ドヴォルザーク:交響曲第9番 ホ短調作品95「新世界から」

お休みの日は決まっているもので、聴きに行けるコンサートもこれに合わせて決めています
今回は1週間前に思い立って、チケットを購入
平日のコンサートということで、空席はやや多めでした

N響の演奏は、日本人的だなと思います
緻密で乱れの少ない、まじめさがある、と
好き嫌いはあるかもしれませんが、私は結構好きです

なんてことを思いながら聴いていたのですが・・・

「新世界から」はなんだかぐだぐだでいただけませんでした
第2楽章の弱奏部で木管楽器のピッチがあっておらず(フルートに原因があったように思います)
せっかくのメロディーがなんとも気持ちの悪いことになってしまい
それだけで帰りたくなってしまったのに、次の第3楽章ではテンポもなんだかちぐはぐになり
最後には、金管のバリバリ吹く音量だけが印象に残ってしまうという

今回は、コンサートを聴いた後の心地よい高揚感がなかったなあ・・・
年末の第九は割といい印象だっただけに残念です

次回に期待したいと思います

ふてくされ猫
そんなこともあるさ・・・次があるよ

| 演奏会 | 00:17 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

No title

こんにちは~

N響ってかなり有名な楽団ですよね。
高校のときに少し聞いた事があります。
でもその音の違いが分かるってすごいですね。
何が良くないとか^^

僕は先週にのだめの映画を見に行って
オーケストラというものが少し身近に感じました。
(そんな漫画とは違うという感じかもしれませんが^^;)

| ブエナビースター | 2010/01/31 16:34 | URL |

>ブエナビースターさん

コメントありがとうございます

クラシックは、そんな特別なものじゃないって思いますよ。
J-POPの、好きな歌手なライブに行って、「この歌は好き」、とか「今日は調子が悪そうだった」、とか言うのと変わらないと思うんだけど・・・
何が好きかっていうのは人それぞれですから。
のだめ、別に悪いとは思いませんよ~

クラシック音楽で仕事をしようとする人も、クラシックを愛好する人も、みんな普通の人たちだと思います。
あなたの近くにだって、実はいるかもしれませんよv-410

| ako | 2010/02/01 23:25 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://catinthesun.blog39.fc2.com/tb.php/129-b420101f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。