ひだまりの猫

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

NHK交響楽団 第1667回定期公演

まだまだ寒い日が続いています。
北海道からは、暖冬との予報はどこへやら、寒いひが続いているという便りが・・
雪祭りや冬祭りが目白押しのこの季節は、暖かくては困るのですが(雪像が溶けてしますので)、暮らしている方にとってはやっぱり大変なのです。

さて、先週末は体調不良でちょっと参っておりましたが、今日は復活しております。
発熱もしませんでしたので、おそらく疲労によるものかと・・・

昨日は、せっかくチケットを買ってあったので頑張ってN響定期公演に行ってきました。

晴れ間は見えましたが風の強い日で、電車が止まった路線もあったようで・・・
思ったより早くついてしまってホールの前で30分も待つことになって身体が冷え切ってしまいました。

プログラムはこちら

指揮:セミョーン・ビシュコフ

ショスタコービチ/交響曲 第1番 ヘ短調 作品10
ストラヴィンスキー/バレエ音楽「春の祭典」」

開演前のロビーコンサートは、チェロとコントラバスの二重奏
中低音の魅力、でございます。
コントラバスの低音が床に響いて、さすがロビーコンサートならでわです。
地味であることは間違いありませんが、ステージ上で演奏するのではわからない魅力ですね。

さて、本プログラム。
今回のコンサートマスターは篠崎史紀さん。
2回のL席だったので、コンマスが見えにくく、なんとなく元気なく見えてしまいました。
第一バイオリンの最前列には、大宮臨太郎さんが。留学から復帰されたのですね。

ショスタコーヴィチは管楽器をたくさん使う大編成ですので、どうしてもそちらに目が行ってしまいます。
ホルンが一斉にベルアップして吠えたり、打楽器奏者の息のあった動きが指揮棒と一緒にぴたと止まったり。
かっこいいよねー、とため息がでます。
前回の演奏会でがっかりだった木管も、今日はすばらしかったと思います。


そして、今回の公演ではトランペットの津堅直弘さんと、クラリネットの横川晴児さんが最後のステージだったようで、演奏終了後に花束が贈られていました。
テレビの映像で慣れ親しんだお二人の退団。
N響にも世代交代がやってくるのだと、寂しく感じました。
同時に、今度はどのような奏者が加わるのだろうと、楽しみに感じる部分があったりします。

帰ってから見たN響アワーはスウィトナー追悼特集でしたが、80年代の演奏で、若々しい横川さんを発見。
20年たったら、メンバーも大部分が入れ替わっているのですねー。

バッソ・ドルチェ~チェロとコントラバスのための作品集~バッソ・ドルチェ~チェロとコントラバスのための作品集~
藤森亮一 吉田秀 藤森亮一

マイスター・ミュージック 2004-04-24
売り上げランキング : 262313

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| 演奏会 | 22:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://catinthesun.blog39.fc2.com/tb.php/133-6804bc24

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。