ひだまりの猫

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「おそろし」宮部みゆき

宮部みゆきさんの江戸時代もの小説。
「百物語事始」ですから、怪談ですね。

少女が狂言回しとなって物語が進められ、最後にまとめて解決に持っていく、というのは
「あかんべえ」を思い出す展開ですね。

主人公になにか深い事情がある、というのは最初から明かされますし、その内容も比較的早い段階で語られてしまいます。
徐々に謎を解き明かす、という感じではないのがちょっと異なるところでしょうか。

ある意味マンネリと言えなくもない読後感ですが、またそれが安心して没頭できる理由なのかもしれません。

おそろし (新人物ノベルス)おそろし (新人物ノベルス)
宮部 みゆき

夕映え〈下〉 (時代小説文庫) 夕映え〈上〉 (時代小説文庫) 小暮写眞館 (100周年書き下ろし) つくもがみ貸します (角川文庫) あやし (角川文庫)

by G-Tools

| 読書 | 16:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://catinthesun.blog39.fc2.com/tb.php/178-8d196adb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。