ひだまりの猫

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

杉浦由美子著『バブル女は「死ねばいい」』

あっという間に10月が終わりました。
よくわからないけど忙しい2週間でした。
だけどまだ終わりません、みたいな。

あんまり目立つのは好きじゃないんだけど、なぜか引っ張り出され、多方面から様々なご意見を頂戴する羽目になるに至り、ちょっと参っています。

そんな精神状態で、こんな本を読んでしまった・・・。



バブル女は「死ねばいい」 婚活、アラフォー(笑) (光文社新書)バブル女は「死ねばいい」 婚活、アラフォー(笑) (光文社新書)
杉浦 由美子

希望難民ご一行様 ピースボートと「承認の共同体」幻想 (光文社新書) ホームレス博士 派遣村・ブラック企業化する大学院 (光文社新書) 人は、,なぜ約束の時間に遅れるのか 素朴な疑問から考える「行動の原因」 (光文社新書) 満足できない女たち アラフォーは何を求めているのか (PHP新書) 一億総ガキ社会 「成熟拒否」という病 (光文社新書)

by G-Tools


「アラフォー」が流行語大賞に選ばれたのは、もう2年前の話。
40前後の女性を「バブル世代」と「団塊ジュニア」に分け、団塊ジュニアの立場からそれより少し上の世代を批判的に論じている・・のだと思います。

私、世代的には団塊ジュニアに多分入ります。
書かれていることには共感できる部分もありますが、ちょっと感覚がずれていると思うこともありました。

世代としては団塊ジュニアの最後の方なので、バブルの時代はほとんど記憶にありませんし、社会にでてからもバブル期の遺産のような先輩はあまりいなかったように思います。
それよりも、自分より下の世代と自分たちの差の方が気になったりします。

「産めない団塊ジュニア」で「女性に優しい職場」とやらに勤めている私です。
本書では、ワーキングマザーの例がちょっと上の世代として書かれていました。
私の職場では、育児休業制度を利用して子育てをしながら仕事をしているのは、みな年下の子たち。
子育て中の後輩たちは、みな自然に結婚して出産しているように見え、それが非常に羨ましく見えてしまいます。


働きがいのある仕事ではあるし、また働かなければ生きてゆけないのだから、目の前にある仕事はどんどんやってきた結果が今。
30代後半になった今、同じ立場でも「上の世代」を見るのと「下の世代」を見るのとでは微妙な感じ方の違いがあるようです。




茶々の寝顔

明日はまた仕事。
頂戴したご意見を消化して、形にしなくてはなりません。
途中で投げ出しては、今まで協力してきた人たちに申し訳ないので、頑張らねば・・・

| 読書 | 21:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://catinthesun.blog39.fc2.com/tb.php/195-89411f89

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。