ひだまりの猫

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

吹奏楽と合唱

今日は風邪の強い一日でした。
このあたりは都心より3℃くらいは気温が低いようです。
外にでると空気がひんやり。

1月10日の空 (クリックすると大きくなります)
風邪は強くても、いいお天気。
周囲に高い建物がないので、空が見渡せます。
これでも一応東京の空ですよ・・・

富士山は見えません

いつもはここから富士山がきれいに見えるんだけど、ちょっと下の方に雲がかかっていて見えませんでした。



さて、吹奏楽と合唱といえば、多くの学校にある部活動のひとつであり
学生だけでなく、日本全国で様々なアマチュア団体が活動していますよね。
ちなみに、私は吹奏楽と合唱の両方の経験があります。

BRASS&CHORUS=吹奏楽と合唱の祭典=BRASS&CHORUS=吹奏楽と合唱の祭典=
マッコイ 佐渡裕&シエナ・ウインド・オーケストラ+晋友会合唱団 晋友会合唱団

エイベックス・マーケティング 2010-12-29
売り上げランキング : 923

関連商品
ONTOMO MOOK 吹奏楽ベーシック講座 バンドづくりの心得とノウハウが満載! 1812年~チャイコフスキー 僕はいかにして指揮者になったのか (新潮文庫) 指導者必携!! 吹奏楽部運営便利帳 トッカータとフーガ/PJBE ライヴ・イン・ジャパン

曲名リスト
1. ≪カルミナ・ブラーナ≫より「おお、運命の女神よ」
2. 歌劇≪ローエングリン≫よりエルザの大聖堂への入場 [合唱付]
3. 大地讃頌~カンタータ≪土の歌≫より [混声四部+吹奏楽]
4. 家族写真 [女声三部+吹奏楽]
5. 旅立ちの日に [混声三部+吹奏楽]
6. COSMOS [混声三部+吹奏楽]
7. 巣立ちの歌 [混声三部+吹奏楽]
8. 威風堂々 第1番[希望と栄光の国] [合唱付]
9. 祝典序曲≪1812年≫ [合唱付]
10. アフリカン・シンフォニー [合唱付] (ライヴ・レコーディング)
11. バードランド [無伴奏混声四部]
12. (予定情報)全11曲収録予定

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


感想としては、これは合唱が主役であるということ。
管楽器は音量が大きいため、なかなか合唱とは合わせづらいものです。
録音、編集するのも大変だったろうと苦労がしのばれます。

収録されている楽曲はいずれも定番といえる曲ばかり。
何度も聴いたことのあるものばかりですが、定番となるにはそれなりの理由があるんだということが聴くと実感できます。

「エルザの大聖堂への入場」や「威風堂々」は吹奏楽で演奏しましたし、
「大地讃頌」は何度も歌った曲です。
「大地讃頌」を暗譜で歌える経験者はたくさんいるに違いない、というようなことがライナーノーツに書かれています。
もちろん歌えますとも。
こんなのライブでやられたら、一緒に歌っちゃうと思う・・・

ライブレコーディングであるという「アフリカンシンフォニー」も凄いですね。
会場の興奮が容易に想像できます。
みなとみらいの演奏会で聴いた、会場全体からのうなるような歓声を思い出しました。
「ブラボー!」なんて言わない、自然にわきあがる「おおー!」という声。

最近の佐渡+シエナといえば、ちょっと感動の押し付けみたい、と思って若干敬遠気味だったのですが
押し付けられてもいいか、と思える1枚でした。

| CD | 18:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://catinthesun.blog39.fc2.com/tb.php/207-4bcae878

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。