ひだまりの猫

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ミューザ川崎シンフォニーホール&東京交響楽団 名曲全集第63回

1月30日日曜日、久しぶりに川崎まで行ってきました。
風が強かったせいで途中電車が立ち往生してしまいましたが、なんとか時間通りに到着しました。

プログラムはこちら
J.シュトラウスⅡ:着歌劇「こうもり」序曲
チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番
ドヴォルザーク:交響曲第9番 「新世界より」

指揮:秋山和慶
ピアノ:中村紘子

1月のせいか、ニューイヤーコンサートの続きみたいなメニューです。
客席の入りは9割程度。
川崎の演奏会はいつも満席に近く、ネット購入が間に合わないことが多々あります。
今回も座席指定のできるサイトはだめで、指定できないところで購入。
LB席だったので、第1バイオリンやソリストが良く見える席でした。
ミューザ川崎シンフォニーホールは音響がよく、どの席に座っても大体満足できます。

こうもりは、まあご挨拶といったところ。
東響は好きなオケではあるのですが、管楽器に不満を覚えることがときにあります。
今回は、まあまあだったかな。
左側に座ったためかフルートが良く聴こえ、クラリネットの高音の音程もあまり気にならずにすみました。
トランペットは調子が悪そうでしたね。。

中村紘子さんは、風格漂うという感じです。
背中に力が入っていて迫力でありました。
ちょっとミスタッチもあったけれど、いい演奏だったのではないでしょうか。
やはりこの方を目当てに来ていた聴衆が多かったようで、鳴りやまない拍手にアンコールは3曲とサービスされていました。

後半の「新世界より」は、この1年で3回目くらい。
中学生くらいのときにスコア片手に聴きこんだことがあって、いつも細かいところが気になって困ります。
手堅い演奏でしたが、2楽章はなんとなく雑な感じがして、木管の旋律もなんだか気に入りませんでした。

曲としては、盛りあがって終わるので、演奏会としてはまあ成功だったのではないでしょうか。

名曲全集だから、まあこんな選曲でいいのでしょうが、やっぱり定期演奏会に足を運ばなくてはいけないかな。
自分の休みと行きたい演奏会が合わないのが、いつも悩みです。

| 演奏会 | 21:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんばんはー

私も新世界は中学生の時分にスコアと
菜箸片手(指揮棒気取り)に聴き込んでました。
1楽章の繰り返しとかティンパニの叩き方とか
2楽章フルート・オーボエの息継ぎ場所とか
結構チェックポイントありますよねー。

チケットのことですが、
楽団に直接電話してみるのは如何でしょう?
東響さんは対応も親切だし昼休みでもつながり易いですよ。

| rev.24 | 2011/02/03 00:11 | URL |

>rev.24さん

コメントありがとうございます。
クラシックの入り口としては定番の曲なんでしょうね。
自分の好きなテンポとかが刷り込みされてて、
あれ?とか思ったりするのです。

チケット、確かに楽団に問い合わせるのはよさそうですね。
今度どうしても行きたい演奏会があったら試してみます。

| ako | 2011/02/03 21:54 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://catinthesun.blog39.fc2.com/tb.php/211-b882d075

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。