ひだまりの猫

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

札幌交響楽団 第518回 定期演奏会

今回はちゃんと前売りチケットを買っていきましたよ。

この間はまだ雪の残っていた中島公園ですが、もう全く雪はありません。
ちょっと横を見ると、お散歩をしている猫が1匹。
まだ花は咲かないので色のない景色ですが、春を実感する散策でした。
ちょっと見ないうちに中島公園の中には地下鉄の入り口ができていました。
便利なのは確かですが、景観としてはどうなんだろうという感じです。

さて、今回の演目はこちら

ヤナーチェク「利口な女狐の物語」組曲
モーツァルト ヴァイオリン協奏曲第3番ト長調K.216
ドヴォルジャーク交響曲第7番ニ短調op.70

指揮:ラドミル・エリシュカ
ヴァイオリン:木嶋 真優


相変わらず尻あがりに調子がよくなる札響です。
プログラムと、指揮がエリシュカさんということから結構期待をして行ったのですが、思ったほどよくはなかったようです。
管楽器が突然外れてしまったり・・
んんん?というところが複数ありました。

最後の方は持ち直したので、拍手は大きかったですが。
というか、札響のときは他の楽団より拍手が明らかに大きいと思うんですね。
暖かい観客といえるかもしれませんが、もう少し演奏に対して厳しい反応があってもいいように思いました。

今回は座席もいまいち。
チケットぴあでネット購入をするのですが、いつもは上手側の10列目より後ろなのに、今回は下手側の前から5列目。
前すぎてステージ上が見渡せないし、聞こえ方のバランスがよくないんです。
これだったらA席の方がよかったかも。
座席指定ができるといいんだけどなあ。

ちょこちょこ不満はありましたが、それでも久し振りのコンサートを楽しんできました。

そして、6月のKitaraの公演予定を見てちょっとしたショックをうけたのです。
今年はシエナのコンサートが月曜ではありませんか!
月曜は休みをとれないし、間に合うように仕事を終わらせるのもほぼ不可能。

これは東京まで行くしかないな・・・
(ていうか、去年は札幌も行ったのに東京にも神奈川にも行ったんだけどね。)

| 演奏会 | 22:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://catinthesun.blog39.fc2.com/tb.php/27-89eeeedc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。